エンタメ雑記メディア『カツヒロ』

マンガ、読書、映画などエンタメ系記事を書いてます(記事は19時更新。ときどきお休みします)

ソードアートオンライン(SAO)アリシゼーション第17話「休戦協定」ネタバレまとめ&感想

この記事は「ソードアートオンライン(SAO)アリシゼーション第17話「休戦協定」ネタバレまとめ&感想」です。

 

 

前回、キリトの剣とアリスの剣の「武装完全支配術」がぶつかり合い、その衝撃でふたりはセントラル・カセドラルの壁外に放り出されてしまいます。破壊がほとんど不可能なはずの壁が破壊されてしまうなんて、ふたりの「武装完全支配術」のパワーはすさまじいものがありましたね。

 

果たして、キリトとアリスは無事なのか?そしてひとりセントラル・カセドラル内に取り残されてしまったユージオはどうなるのか?

 

それではSAOアリシゼーション第17話「休戦協定」の記事を書いていきます。

 

▽SAO関連の情報はこちらから。記事のバックナンバーも▽

journal-katsuhiro.hatenablog.com

 

▽SAOの最新刊はこちらからどうぞ▽

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)

 

▽アニメやドラマを観るならU-NEXTがオススメ▽

▽無料体験も31日間あるので最初はサクッと登録をどうぞ▽

   

 

 

【ネタバレなし】SAOアリシゼーション前回の復習と第17話「休戦協定」のあらすじ

【前回】SAOアリシゼーション第16話のまとめ

 

SAOアリシゼーション第16話のストーリーの流れはこちら

  • キリトの武装完全支配術によってファナティオに勝利
  • カーディナルの短剣を使い、ファナティオを救出
  • 「昇降係」に出会い、エレベーターで80階へ
  • 80階の扉を開けるとそこにはアリスが。アリスとの戦闘へ
  • キリトとアリスの武装完全支配術がぶつかり合う。壁が壊れ、2人は外へ飛ばされる。

 

ストーリーのポイントは

  • ファナティオとの戦闘に勝利し、カーディナルが彼女を救出
  • アルスとの戦闘。戦いの衝撃でキリトとアリスが壁外へ飛ばされる

といった点でしょうか。

 

詳しい前回のストーリーは前回の記事から確認してください。

journal-katsuhiro.hatenablog.com

 

 

【ネタバレなし】SAOアリシゼーション第17話「休戦協定」のあらすじ

 

《雲上庭園》でキリトの剣とアリスの剣の《武装完全支配術》がぶつかり合った結果、破壊不可能であるはずの《セントラル・カセドラル》の壁が砕け、キリトとアリスは外へと放り出されてしまう。直後、キリトは外壁の隙間に剣を突き立て、落下するアリスも救ってみせる。しかし敵同士の二人は、絶体絶命の状況下でもお互いの信念をぶつけ合う。やがてキリトは、塔の内部に戻るまでの休戦をアリスに提案する。

 

SAOアリシゼーション第17話「休戦協定」の予告はこちらからどうぞ▽

 

 

【ネタバレ注意】SAOアリシゼーション第17話「休戦協定」のストーリーまとめ

SAOアリシゼーション第17話のストーリーはこちら。

 

  • 外壁のスキマに剣を突き刺し、キリトとアリスは一命を取り止める
  • 互いの信念をぶつけ合うも「休戦協定」を結び、カセドラル内部へ帰るために協力する
  • 久しぶりの現実パート。特に意味のない描写に見えるけど……
  • 85階の外壁にたどり着くも、そこには「ダークテリトリー」の魔物:ミニオンが
  • ユージオが95階に到着。そこには整合騎士:ベリクール・シンセシス・ワンの姿が

こんな感じのストーリーでした。

 

以降、それぞれのストーリーについてまとめていきたいと思います。

 

外壁のスキマに剣を突き刺し、キリトとアリスは一命を取り止める

ã½ã¼ãã¢ã¼ãã»ãªã³ã©ã¤ã³ ã¢ãªã·ã¼ã¼ã·ã§ã³ 17話 ææ³ 48

前回のクライマックスでセントラル・カセドラルの外部に吹き飛ばされたキリトとアリス。そのまま上空80階から地上へと真っ逆さまか?と思ったら、キリトが外壁に剣を突き刺し、一命をとりとめていました。

そのキリトの手にはしっかりとアリスも捕まえていて、ふたりの無事が確認されました。

 

とは言っても、いまだに危機的な状況なのは変わりありません。ふたりはかろうじて剣に捕まっているだけなので、いつ落下するかもわからない状況でした。

 

互いの信念をぶつけ合うも「休戦協定」を結び、カセドラル内部へ帰るために協力する

ANCB000771

キリトに命を救われたアリス。アリスは「罪人に助けられて、生き恥を晒しながら生きるわけには生きません」と発言。

 

それを聞いたキリトは「自暴自棄になっても何も解決しないだろ、馬鹿!」とアリスを一喝。さらに「お前が死ねば、塔に残ったユージオが最高司祭の元にたどり着くぞ!」と論理的にも説得します。

 

 それでもキリトの行動に納得のいかないアリスは「なぜ私を助けるのか?」と質問。

キリトはアリスの質問に対して、

  • 自分たちは公理協会を破壊しに来たのではなく、ダークテリトリーからの侵略を防ぐため
  • ダークテリトリーの勢力の抵抗するためには整合騎士の力が必要

と説明します。

 

そのあとにも

アリス:なぜキリトとユージオは、セントラル・カセドラルに連行されてきたのか?

キリト:公理協会や整合騎士が間違えていると証明するため

 

キリト:禁忌目録は絶対なのか?

アリス:法は法。罪は罪。

 

キリト:法を作ったアドミニストレータはどのように判断されるんだ?

アリス:神であるステイシア様の意思は我らの行いによって証明される

などの討論を繰り返します。(こんな危機的な状況で弁論しなくてもいいとは思うんですけどねぇw)

 

その問答の結果、キリトとアリスは「塔の中に戻らなければいけない」という目的が一致し、塔に戻るまでの間、「休戦協定」を結ぶことに。互いの身体を鎖で結びつけ、ふたりで協力してセントラル・カセドラル95階の「暁星の望楼」を目指すことになります。

 

その後はふたりでセントラル・カセドラルの外壁を登って行くんですが、「キリトの運動能力がヤバすぎるんじゃないか?」って感じでした。

その登り方は「杭を壁に突き刺す」「体操選手並みの大車輪で杭に登る」「細い杭の上からアリスを引き上げる」という方法。いや、これ無理ですよww

下に一連の画像を貼っておくので確認してみてください。キリトくんのとてつもない運動神経の片鱗が観れます。

ANCB001105

ANCB001124

ANCB001253

 

久しぶりの現実パート。特に意味のない描写に見えるけど……

ANCB001553

その後、場面が変って久しぶりの「現実パート」へ。特に何かあったという訳ではありませんが、少しばかりの問題が発生した模様。

「護衛船が予定通りの方向に動いていない」という小さな問題が発生します。

 

きっと「アニメにする」ということは、「今後の展開で何かしらが起こる」ということなんでしょうか?オーシャン・タートルにはキリトの身体が収容されているはずなので、オーシャン・タートル自体に何かあれば、仮想空間内のキリトにも影響が出てくるかもしれませんよね?

 

何もないといいですが、久しぶりの現実パート。色々と勘ぐってしまいますよね。

 

85階の外壁にたどり着くも、そこには「ダークテリトリー」の魔物:ミニオンが

キリトとアリスは、夕暮れまでに85階までたどり着きます。

キリトが使っている神聖術:「ジェネレート・エレメント」は、空間神聖力を使用するため、夜間には発動しにくくなるということも明らかになりました。

 

その後すぐに、セントラル・カセドラルの外壁にオブジェが立っているのをキリトとアリスは発見します。ふたりはそのオブジェの台座に腰をおろし、夜営に徹することを決定します。

 

ANCB001859

しかし、石像の台座まであと杭1本分というところまで石像に近づくと、急にそのオブジェが姿を変えました。杭にぶら下がっているだけのキリトとアリスに、そのモンスターは襲いかかりますが、かろうじてのところでオブジェの台座まで登頂。

 

アリスの話によると、オブジェだと思っていたものは「ダークテリトリー」の魔物:ミニオンだということが判明。アリスはドラゴンも近づくことのできないセントラル・カセドラルの上層部に、ダークテリトリーの魔物がいることが信じられない様子でした。

キリトとアリスはそれぞれミニオンを倒し、こと無きを得ます。

 

その後、アリスは記憶が戻り始めたような様子も見え始めます。行ったことのないはずの「セントリアの夏祭り」の話をしたり、キリトを叱る様子も幼少期とそっくりでした。

アリスの記憶を取り戻して、一緒に帰るためには「失われた記憶」が不可欠です。その「失われた記憶」の断片が見え始めたのはアリスにとってもいい兆候のはず。「アドミニストレータ戦で、アリスが記憶を取り戻してキリト&ユージオと共闘」なんてなったら胸アツですよね!

 

 

ユージオが90階に到着。そこには整合騎士:ベリクール・シンセシス・ワンの姿が

ANCB002549

シーンは変わり、ユージオへカメラが移ります。

 

セントラル・カセドラルの階段を登る途中、ユージオはキリトとの生活を思い返します。「思えば2年前に出会ってから僕の隣にはずっとキリトがいた。こうして一人になったのは初めてかもしれない」と、キリトの存在の大きさを実感しているような描写も。

 

90階にたどり着き、ドアを開けるとそこは大浴場。

ANCB002561

そこには整合騎士のひとり:ベリクール・シンセシス・ワンの姿が。笑みを浮かべながら振り返ったシーンで今回第17話は終了しました。

 

次回第18話では、キリトとアリスはふたたび外壁を登りっぱなしでしょうが、ユージオは整合騎士:ベリクールと戦闘になるでしょう。果たしてどんな戦いになるのか?そしてベリクールの「武装完全支配術」はどのようなものなのか?

 

【ネタバレ注意】SAOアリシゼーション第17話「休戦協定」の個人的感想とカンタンまとめ

今回はとりあえずアリスのヒロイン感がすさまじかった(笑)

高尚なキャラクターで、もっとどんな時でも凛としているのかと思いきや、剣にぶら下がっている時に見せた赤面や、キリトに「馬鹿!」と言われた回数を数えているなど。通常時とのギャップがすごくよかったと思います。

 

あとはキリトの運動神経がヤバい。体操選手ばりの大車輪と、アリスを細い杭の上から引き上げる体幹と、投げた杭をミニオンに的中させる投擲力……。キリトがオリンピックに出場でもしたら、ものすごい結果を残してしまいそうです(笑)

 

あと、突然始まった「現実パート」はなんだったんでしょうか?不穏な雰囲気が流れていましたが、キリトの身体に影響がなければいいんですけどね。

 

とりあえず、次回はベリクール戦になりそうな予感。今までキリトに助けられてきたユージオがどのようにひとりで戦うのか、ということも注目です。

 

次回以降もSAOアリシゼーションの記事を書いていくのでチェックをよろしくお願いします。

 

▽アニメやドラマを観るならU-NEXTがオススメ▽

▽無料体験も31日間あるので最初はサクッと登録をどうぞ▽

   

 

▽SAOの最新刊はこちらからどうぞ▽

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)