エンタメ雑記メディア『カツヒロ』

マンガ、読書、映画などエンタメ系記事を書いてます(記事は19時更新。ときどきお休みします)

ソードアートオンライン(SAO)アリシゼーション第16話「金木犀の騎士」ネタバレまとめ&感想

この記事は「ソードアートオンライン(SAO)アリシゼーション第16話「金木犀の騎士」ネタバレまとめ&感想」です。

 

前回15話で武装完全支配術をぶつけ合ったユージオとファナティオ。ユージオの青薔薇の剣の武装完全支配術でもファナティオは倒しきれませんでした。

残された手はキリトの武装完全支配術のみ。果たしてキリトのエンハンスアーマメントはどのようなものなのか?そしてファナティオに勝つことができるのか?

 

それではSAOアリシゼーション第16話「金木犀の騎士」の記事を書いていきます。

 

 

▽SAOの最新刊はこちらからどうぞ▽

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)

 

▽アニメやドラマを観るならU-NEXTがオススメ▽

▽無料体験も31日間あるので最初はサクッと登録をどうぞ▽

   

 

 

【ネタバレなし】SAOアリシゼーション前回の復習と第16話「金木犀の騎士」のあらすじ

【前回】SAOアリシゼーション第15話のまとめ

SAO第15話「烈日の騎士」のストーリーは以下の通り。

  • フィゼルとリネルの正体は整合騎士
  • ファナティオ対キリトの戦闘へ
  • 武装完全支配術同士のぶつかり合い、ユージオの武装完全支配術

 

前回はファナティオの戦闘がメインの回でした。「太陽の光」から作られた「天穿剣」は超光速のビームを発射し、キリトとユージオを苦しめてましたね……。

 

さらにファナティオの武装完全支配術は、敵味方関係なく、光のビームを発射する大技。その大技にユージオも「青薔薇の剣」の武装完全支配術を発動。フィールド全体を凍らせるような広範囲技でしたね。(個人的にはユージオの武装完全支配術はかっこよくて大好きです)

 

しかし、そのユージオの武装完全支配術でもファナティオは止まらずユージオは「万事休す」のような状態。そんなときキリトが立ち上がり、武装完全支配術を発動……というところで前回は終了。

 

▽気になる前回の詳しいあらすじはこちら▽

journal-katsuhiro.hatenablog.com

 

【ネタバレなし】SAOアリシゼーション第16話「金木犀の騎士」のあらすじ

 キリトは満身創痍の中、《武装完全支配術》をどうにか発動し、整合騎士ファナティオとの戦いは決着を迎える。再び《セントラル・カセドラル》の最上階を目指すキリトとユージオは、奇妙な昇降機の前にたどり着く。《昇降係》の少女の案内によって80階《雲上庭園》まで足を踏み入れた2人の前に現れたのは、ユージオが追い求める少女であり、神器《金木犀の剣》を持つ整合騎士アリス・シンセシス・サーティだった。

 

SAO第16話「金木犀の騎士」の予告はこちらからどうぞ▽ 

 

 

 

【ネタバレ注意】SAOアリシゼーション第16話「金木犀の騎士」のストーリーまとめ

SAOアリシゼーション第16話のストーリーの流れはこちら

  • キリトの武装完全支配術によってファナティオに勝利
  • カーディナルの短剣を使い、ファナティオを救出
  • 「昇降係」に出会い、エレベーターで80階へ
  • 80階の扉を開けるとそこにはアリスが。アリスとの戦闘へ
  • キリトとアリスの武装完全支配術がぶつかり合う。壁が壊れ、2人は外へ飛ばされる。

こんな感じのストーリーでした。

 

以降、それぞれのストーリーについてまとめていきたいと思います。

 

キリトの武装完全支配術によってファナティオに勝利

ã½ã¼ãã¢ã¼ãã»ãªã³ã©ã¤ã³ ã¢ãªã·ã¼ã¼ã·ã§ã³ 16話 ææ³ 43

前回の最後で、「武装完全支配術」を発動させたキリト。キリトの武装完全支配術はどうやら「闇属性のビーム」。その流動的なビームを使って、相手を攻撃するのがキリトの必殺技っぽいです。(ギガスシダーにはそんなに「闇」っぽい描写はなかったんですけどね……(笑)きっとキリトくんの趣味です、はい。)

 

ファナティオとキリトの武装完全支配術どうしがぶつかり、つばぜり合い状態に。しかし、ファナティオの方が力負け。剣の衝撃によって、天井に打ち付けられます。きっとキリトより長い間、武装完全支配術を使っていたこともファナティオが力負けした原因でしょう。お互いが万全の状態で技を打ち合っていたら、キリトが負けていたかもしれません。

 

そんなギリギリの勝負に勝ったキリトも、それまでに受けたキズのせいでダウン。ファナティオとの戦闘の凄まじさがわかりますね。

カーディナルの短剣を使い、ファナティオを救出

残されたユージオは神聖術を使用し、キリトに自分の天命を分け与えます。キリトはユージオの懸命の治療のおかげもあって回復します。

 

助かったキリトはすぐさまついさっきまで斬り合っていたファナティオの心配。その様子にユージオは自分の感情を吐露します。それは「やはり公理協会と整合騎士許せない」ということ。

 

「たしかにファナティオは個人的な恨みや憎しみとかそんなもののために戦っていたのではない。だけど、それほどの志があれば、もっと人界の人のために使っていいんじゃないか?」とユージオ。

そんなユージオに対し、キリトは「人間としてのファナティオや騎士たちを憎む必要はないよ」と。キリトの主人公らしい発言でしたね。

 

その後、キリトはどうにかファナティオのケガを治療しようとします。しかし、思った以上にキズが深く、キリトとユージオの神聖術では治療ができないほど。

そのとき、キリトはカーディナルから与えられた「短剣」を思い出します。アドミニストレータに使うための短剣をキリトは使用し、ファナティオの命を救います。

 

「昇降係」に出会い、エレベーターで80階へ

ファナティオを救ったあと、キリトとユージオはセントラル・カセドラルのさらに上階を目指します。

50階より上を目指すには階段ではなく「昇降板(エレベーター)」で行く模様。突然円盤に乗って現れた「昇降係」とともに地上80階まで上がります。

 

「昇降係」は約100年前から「天職」として与えられた仕事を全うしているようで、それ以外の思考や感情は持ち合わせていない様子でした。

それをキリトは「魂の老化」と表現。「たとえ天命の自然減少を止めたとしても、魂の老化は防げない」とカーディナルが言っていたようです。

 

この設定もキリトの目的である「アンダーワールドの崩壊を止める」ということに関係してくるのでしょうかね?

80階の扉を開けるとそこにはアリスが。アリスとの戦闘へ

80階にたどり着き、キリトとユージオは扉を開きます。

するとそこにはアリスの姿が。ユージオはアリスの顔を確認して、さまざまな思いが込み上げてきた様子でした。

 

キリトとユージオは「キリトがアリスと戦い、その隙にユージオがカーディナルの短剣を刺す」という作戦を立てます。アリスの武装完全支配術が詠唱される前に、決着をつけようとするふたり。

 

先手を取るためにキリトとユージオは、アリスに接近しようとします。その瞬間、アリスがそばにあった「金木犀の樹」に手を伸ばします。すると金木犀の樹が、剣に変化。どうやら戦う前から、アリスの剣は武装完全支配術を発動していたようでした。

 

ANCB001706

アリスの武装完全支配術の能力は「金木犀の花びら」を使って攻撃をすること。幾千もの金木犀の花びらが刃となって敵を切り刻む能力です。(まんまブリーチの「千本桜」じゃないか!というツッコミはやめておきましょう。みんなわかっています。)

アリスの剣圧に押されるキリト。キリトほどの剣のスキルを持っていても、アリスに敵わないなんてどれだけアリスは強ういのでしょうか。これにプラスしてアリスは「神聖術」のスキルもトップレベルのはずですからね……。アリスの強さの底が見えません。

 

なんとかアリスの剣を防ぎながら戦うキリト。一瞬の隙をついて、アリスを羽交い締めにし、拘束します。その瞬間にユージオの武装完全支配術が発動。キリトごとアリスを氷の中に閉じ込め、動きを封じることに成功します。

 

キリトとアリスの武装完全支配術がぶつかり合う。壁が壊れ、2人は外へ飛ばされる。

「あとはカーディナルの短剣をアリスに刺すだけ……」そう考えたのもつかの間。 アリスは、金木犀の剣の能力でユージオの氷を破壊して拘束から逃れます。

 

拘束が解かれてしまったキリトは、ユージオに続いて武装完全支配術を使用。「金木犀の剣」を狙い、武装完全支配術同士のぶつかりあいが。

 

衝撃は壁へと向かい、セントラル・カセドラルの壁を破壊します。キリトとアリスはその破壊された時の突風によって、80階から転落。ユージオのみがセントラル・カセドラル内に残されてしまいます。

 

ユージオの悲痛な叫びで第16話は終了します。

 

 

 

【ネタバレ注意】SAOアリシゼーション第16話「烈日の騎士」の個人的感想とカンタンまとめ

やっとアリスの元にたどり着いて、「アリスを救える」と思ったのにも関わらず、今度はキリトとアリスが塔から落下。そんな状況に残されたユージオ。

1人残されてしまったユージオは今後、どのように行動するんですかね?心の支えにしていたアリスも塔から落下、辛いときに支えてくれていたキリトも塔の下に……。ユージオの気持ちを思うと辛いものがありますね。

 

個人的に今回のエピソードで、心に残っているのは「キリトの主人公感」ですかね。

敵であるはずの整合騎士:ファナティオを救うために短剣を使用するところや、整合騎士を憎み続けるユージオを説得するシーンなど、キリトの「正々堂々っぷり」が垣間見えました。

キリトに比べると見えづらかったですが、ユージオも「自分の天命をキリトに渡す」という神聖術をキリトのピンチにはすぐに唱えていました。ふたりとも主人公らしい考え方と行動で、観ていてとても気持ちが良かったです。

 

次回以降の展開はどうなるんでしょうかね……?ユージオが、キリトとアリスを失ったことに耐えきれるのかどうか……。次回以降も注目すべきポイントがたくさんありそうですね。

 

では、今回の記事はこれで!

 

 

 ▽アニメやドラマを観るならU-NEXTがオススメ▽

▽無料体験も31日間あるので最初はサクッと登録をどうぞ▽

   

 

▽SAOの最新刊はこちらからどうぞ▽

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)

ソードアート・オンライン21 ユナイタル・リングI (電撃文庫)