エンタメ雑記メディア『カツヒロ』

マンガ、読書、映画などエンタメ系記事を書いてます(記事は19時更新。ときどきお休みします)

【映画レビュー】Gifted/ギフテッド 本当の幸せってなんだろう?

人間ドラマ映画大好きブロガーのカツヒロです。

 

本当の幸せって一体なんなんでしょうね。

たぶん、一生考えても答えは出てこないものです。

 

全力をつくすことはできるけど、それが正解なのかは一生わからない。

たぶん、そんな感じなんです。

 

なんでこんなことを話し始めた時たかっていうと、"Gifted/ギフテッド"っていう映画を観たからなんですよね。

今日は、そんな"Gifted/ギフテッド"の話をしていきます。

あらすじ

ストーリー

『(500)日のサマー』の監督のFOXサーチライト・ピクチャーズ最新作
孤独な男と、天性の才能<ギフテッド>を持つ少女の絆を描く感動ハートフルドラマ!
いちばん大切なのは、<愛する>才能。

フロリダの海辺の街で、ボートの修理をして生計を立てている独り身のフランク。彼は、天才数学者だったが志半ばで自殺してしまった姉の一人娘、メアリーを養っている。彼女は、先天的な数学の天才児“ギフテッド”であり、周りは特別な教育を受けることを勧めるが、フランクは「メアリーを普通に育てる」という姉との約束を守っていた。しかし、天才児にはそれ相応の教育を望むフランクの母イブリンが現れ、フランクとメアリーの仲を裂く親権問題にまで発展していく——。

結構なところまで公式サイトでネタバレしちゃってますね(笑)


クリス・エヴァンス出演 映画『gifted/ギフテッド』予告

 

 

キャラクター

Image result for Gifted

フランク(クリス・エヴァンス)

フロリダでボートの修理をしながら暮らしている。姉の子供であるメアリーとともに生活し、お金はないながらも楽しく生活している。姉との約束である、「メアリーを普通に育てる」という亡き姉との約束を守って、メアリーを普通の学校に通わせようとする。

マーベル・ユニバースのキャプテン・アメリカです

 

メアリー(マッケンナ・グレイス)

天才的な数学の知能を持っている"ギフテッド"。フランクと暮らしている。子供らしからぬ、大人びた考えを持っていて、周りを常に驚かせる。

イブリン(リンゼイ・ダンカン)

フランクの母親。数学の研究者で、メアリーに備わっている数学の才能に目をつけ、英才教育を受けさせようとする。

ボニー(ジェニー・スレイト)

メアリーの小学校の担任の先生。フランクと話すことでフランク家のことを知っていく。

ロバータ(オクタヴィア・スペンサー)

フランクの家の近所に住む、お節介なおばちゃん。メアリーのことを気にかけ、メアリーの友人として、第二の保護者として彼女に接する。

 

【ネタバレ】感想とその他諸々

評価

ストーリーは普通です。

個人的にはとても好きなんですけど、結構観たことあるようなストーリー展開。

いろいろ波乱万丈ありながらも、最終的にはメアリーとフランクのハッピーエンドで終わるという。

ベタに感動できる作品だと思います。純粋に泣きたい、感動したいと思う人にはおすすめ。

でも、この映画の凄さはそれでも感動することができるという演技力とキャラクター。

キャラクターがきちんと立っていて、それでいて最終的には心温まる終わり方。

そりゃ、この映画が嫌いな人なんていませんよ(笑)

 

子役なのに…

ストーリーは普通でも、演じている俳優さんたちはすごかったです。

そりゃ、キャプテン・アメリカクリス・エヴァンスや、アカデミー賞受賞歴のあるオクタヴィア・スペンサーなどの俳優、女優さんたちですもんね。

でも特によかったのが、メアリー役のマッケンナ・グレイス。

まだ、彼女10歳ですよ。

自分が10歳の頃と比べると、彼女の凄さがわかります。

僕が10歳の頃なんて、泥団子作って、どれだけ綺麗に作れるか友達と競ってただけですからね(笑)

 

大人より大人な目線で世界を観ているのにも関わらず、それでいて子供らしさは忘れていない。

そんな難しいメアリー役を上手に演じていました。

そして何より、かわいい!

もう、天使レベルでかわいい!

笑ってる顔は天真爛漫、拗ねてる顔は小悪魔的、泣いてる顔は子どもそのもの。

さまざまな顔を10歳で演じることができるなんて素晴らしいですよね。

 

きちんとしたエンディング

数学の天才であるメアリーをどのように育てるか、という難しい問題について考えさせられましたね。

 

その特別な才能、ギフトを伸ばしてあげることがメアリーにとっていいのか。

それとも、普通の子どもと同じように育てることが良いのか。

 

この映画のエンディングではどちらも否定しません。

高等教育機関で才能を伸ばしながら、放課後は他の子どもたちと仲良く遊ぶ。

そんな日々をメアリーは送っていくでしょう。

 

 

でもそんなことより僕が良いなと感じたのが、

メアリーがきちんと"自分が一番愛しているフランクと暮らすこと"を選べたこと。

 

どんな子どもには愛が必要だと思います。

 

その愛をお互いに持っているフランクとメアリー。

それさえあれば、彼らは家族として生きていけるでしょう。

 

そんな、人々に一番必要な愛について、考え直させてくれる作品でした。

 

親としてのフランク

フランクがいいお父さんすぎて…

そりゃ、血は繋がってないけれど、きちんとメアリーのお父さんですよ。

(メアリーの担任の先生と一夜をともにするのはどうかと思うが…笑)

 

きちんと亡き姉との約束を守りながら、「普通の生活」をメアリーにさせます。

部屋にこもりがちなメアリーを外に連れ出して一緒に遊ぶ。

最初は嫌々ながら、メアリーも最終的には一緒に楽しむ。

そんなほほえましい家族像がありました。

 

 

時には、メアリーに対して怒っちゃうこともあるけど、きちんと自分が悪いところは子供に対しても謝る。

そして、普段は冗談を言って笑わせてくれる。

最高のパパで、理想ですよね。こんなパパに将来なりたいなー。

 

こんな感じが、"Gifted/ギフテッド"のレビューですかね。

素直に感動できる作品で、感動したい人にはとことんおすすめ。

 

たぶん、"Room/ルーム"が好きな人とか、絶対に好き。

だって、僕もどっちも好きだから。(笑)

 

以上、"Gifted/ギフテッド"のレビュー記事でした。