エンタメ雑記メディア『カツヒロ』

マンガ、読書、映画などエンタメ系記事を書いてます(記事は19時更新。ときどきお休みします)

【書評・感想】「ある男」平野啓一郎 「愛」「自分」「過去」とは何か?

「自分」とは何か?

これがこの「ある男」を読み終わったあと、すぐに出てきた感想でした。

 

平野啓一郎さんの新作小説「ある男」。

取り扱っている問題が非常に多く、在日韓国人問題、死刑問題、犯罪者の親族、そして個人のアイデンテティー

初めて読んだ平野啓一郎さんの作品でしたが、考えさせられることが非常に多かったです。

 

 ▽「ある男」の購入はこちらからどうぞ▽

 

▽noteでも無料で公開されているので、購入前のチェックはこちらから▽

 ある男|序|平野啓一郎

note.mu

 

今回はそんな「ある男」の書評と感想を書いていきます。

※ネタバレもあるので、未読の人は注意してください

 

「ある男」あらすじ

弁護士の城戸は、かつての依頼者である里枝から、「ある男」についての奇妙な相談を受ける。宮崎に住んでいる里枝には2歳の次男を脳腫瘍で失って、夫と別れた過去があった。長男を引き取って14年ぶりに故郷に戻ったあと、「大祐」と再婚して、新しく生まれた女の子と4人で幸せな家庭を築いていた。

ある日突然、「大祐」は、事故で命を落とす。悲しみにうちひしがれた一家に「大祐」が全くの別人だったという衝撃の事実がもたらされる……。里枝が頼れるのは、弁護士の城戸だけだった。人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。

 

 

物語は弁護士の城戸が、「素性のわからない男」を探すことで進んでいくミステリーです。

そのストーリーの中で、「なぜ「彼」は素性を偽らなくてはいけなかったのか」という疑問や、城戸自身が抱える「アイデンティティー」に関係する問題などに焦点が次々と当たっていきます。

 

物語は複雑に練りこまれていますが、

  • 「愛」とは何か?
  • 「自分」とは何か?

という筆者の考えが現れていた作品でした。

 

しかし、わからないことがただひとつ。

タイトルの「ある男」が誰を意図しているのかをぼくは結局わかりませんでした。

 

それは【序】が原因となっています。

この物語の始まりのあたる【序】は下記のアドレスから読むことができます。

https://note.mu/hiranok/n/n8b44f97c9fca

 

もしかしたら、「ある男」は城戸さんなのかも知れないし、そのまま素性のわからない「大祐」を名乗る男なのかも知れないのです。

どちらにしろ確証はなく、どちらも「ある男」に当てはまってしまいます。

 

そんな「ある男」の謎を与えつつも、物語は進んでいきます。

さまざまな問題を抱えつつも、魅力的なストーリーを堪能できる作品でした。

 

【ネタバレ】感想と考察

個人的には「ある男」は城戸さんを意図していると考えています

 

  • 物語の主人公
  • 小説家と直接話しているのは城戸
  • 城戸の過去についての話が「ある男」の小説

 

という3つの理由から、城戸さんがタイトルの「ある男」だと思います。

 

 

って言っても、素性のわからない謎の男が「ある男」だということも捨てきれないわけで。

最終的には素性不明の男の正体はわかりますが、「素性不明の男」の正体がわかった時点で物語は終了するわけですよ。

結局は「ある男」が誰を指しているのかはわかりませんが、ぼく自身の見解としては「ある男=城戸」の構図が一番しっくりきていますね。

 

それ以外にも、

  • 在日外国人問題
  • 死刑問題
  • 犯罪者の親族の問題
  • 家族との関わり合い
  • 戸籍売買の話

など、数え切れないほどの問題がこの小説には出てきましたよね。

 

 

しかし、物語の根幹となっていたのは3つの要素。

  • 過去
  • 自分

  

もし「過去」が偽りだとしたら、その人を他人は「愛」することができるのだろうか?

もし「自分」に「過去」がないとしたら、何が「自分」を形作るものなのか?

 

こんな疑問に正面からぶつかっていく小説でしたね。

 

「僕たちは誰かを好きになる時、その人の何を愛しているんですかね?…出会ってからの現在の相手に好感を抱いて、そのあと、顔まで含めてその人を愛するようになる。で、その過去が他人のものだとわかったとして、二人の間の愛は?」

 

「わかったってところから、また愛し直すんじゃないですか?一回、愛したら終わりじゃなくて、長い時間の間に、何度も愛し直すでしょう?いろんなことが起こるから。」

 

このフレーズに筆者の「愛」に対する考えが隠れているように思いました。

 

結局は「相手を許容できるかどうか」

この一点で「愛」は決まるように思います。

「愛しているから受け止める」のではなく、「受け止めるから愛せるようになる」のかな?と思うわけです。

 

画一された「愛」の形なんてものはないけど、この「ある男」の中で描かれた「愛」はそのようなものなのかな?と思います。

 

 

最後の場面で、妻の浮気を匂わせるメールを発見する城戸ですが、それを「受け入れられるか」は描かれません。

その後は冒頭の小説家とのバーの場面につながり、「ある種の解決」を匂わせる雰囲気で冒頭部分は終わります。

 

城戸は「妻の過去を受け入れられる」のでしょうか?

「ある男=城戸」だとすると、「ある男」の物語はまだまだ続いていきそうな感じがしますね。

 

物語のその後を考えられるのもいい小説の証拠。

ぼくの「ある男」についての感想はこんなところです。

気になった方はぜひ購入してみてください。

 

▽「ある男」の購入はこちらからどうぞ▽

 

▽noteでも無料で公開されているので、購入前のチェックはこちらから▽

 ある男|序|平野啓一郎

note.mu